ざっくり枝を切るのは花のため

いい感じに晴れてました。
風も穏やかで気持ちいい。

雨が続いた後は、花壇が見事に荒れています。
雑草も好き放題に生えているし。
花の枝も伸び放題。

にょきにょき伸びた花の枝は形が悪くて、倒れやすくて見た目が良くない。

ということで、この日の仕事は枝きりです。

園芸用のハサミで、余分な枝と伸びすぎた枝を「ざっくり」と切り落とす。
思い切りが大事です。

枝がもったいないとか、可愛そうとか…考えたら逆に花によくありません。

新しい葉っぱが下から生えているなら、その葉っぱや枝を伸ばすために、古い枝は切り落としてあげるのです。
そのほうが新しい枝がきれいに伸びて花がたくさん咲くのです。

次に咲く花のことを考えて、形を整えながら切る。
慣れると、ばっつりざっくり切り落とすのは気持ちいい。

ちょっと…快感もあるとか、囁いて終わります。